戻り詠唱。

信オンえばーのーと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘却D 区域10まで雑感+メテオ家臣の強ボス用行動設定

区域10までクリアしてきました。
疲労感マックスで戦闘が雑になりますた。

進めていくと

忘却フォト1

こんなのや

忘却フォト2

こんなのがいました。他にもTDボスがいましたが弱体後の構成だったような気がします。

九州城ボスの区域では、この人たち総崩れも忘却しちゃったみたいで全部倒さないといけません。

こうなってくると倒す順番もちょいと変更したりする場面が出てくると思います。

セオリー通りの戦闘に固執するのではなく柔軟な戦闘をしないといけないかもですね。

家臣行動設定も相手の種族が全部妖怪とかあるんで、種族や職業や特化で指定するよりも耐性低下でマーキングした汎用性のある設定にせざるを得ない場面もあるかと思います。

これソロ+6家臣はかなり面倒なんじゃないかなぁ。私はそんな勇気ないw

今回は盾1で行ってますが区域11~は盾1より盾2がよさそうな気もしないではないです。

1回旗折れ再戦したのですが、その時(戦闘不能になり)引っ込んだ家臣出し忘れて少人数戦に・・・

ほんと、毎回確認したほうがいいかもしれません。

陣道鎧+家臣の術アタ中心構成で行ったのですが区域10までは強くはないけど面倒な印象でした。


<<<今日のメテオさん>>>
メテオさん、今日もお供についてきてくれました。
区域も進むとメテオで削ると無用な全体完全とかで振出に戻される場合もありメテオは封印されます。

というわけで、うちのメテオさんは無駄に多い気合い(7450~)を利用して固定砲台+耐性マシンに早変わり。

メテオ家臣(行動チャト)1
一番にメテオいますが7体ボスや少数でも強そうなボスでは無効にしちゃいます。
気合い80%以上で発動するようにしていますが無条件で設定すると沈黙やしびれてる間にメテオ発動気合いの最大気合いの25%まで戻ってしまうことがあり「おかわりメテオ」をしてしまい動き的に具合が悪いのです。

鬼道のほうが与ダメージ+物理体制低下付と有益なのでおかわり防止策として80%以上にしてその戦闘では2度メテオしないようにしています。60%でもたぶんおかわりしないと思います。

鬼道の条件が職業はまぁいいとしても、耐性低下の部分は相方アタッカがPC鉄PC暗などの物理のときのです。
相方アタッカも術の場合は、物理耐性低下 あり にするとタゲが合います。
(ただ開幕になにかに鬼道つけるとしばらくはその敵にしか鬼道しなくなるので改善点です)

忍か侍家臣がいれば術耐性低下つけれるし、最初はタゲが散らかりますが安定するころにはタゲがピッタリあいます。

4番目の★ですが、1分以上で発動にすると陰陽道もちならよくやってた遅らせ星辰法を再現しています。

9番、10番はとりあえず開幕に攻撃させるための設定です。妖怪いたときにこの設定があると動いてくれます。

11番目の呪殺は競演用の行動です。
前回使用時から○○以上にすると競演のときに発動するだけで普段は発動しないようです。
一度でも単体でその技能を使用すると、この式の評価は真となるのではないでしょうか。

ポイントは3番目のゴボウです。詠唱4で準備動作省略できる相手の弱点属性で攻撃する属性術です。
家臣が撃ってもダメージは1800くらいだったんで鬼道の2400~には及びません。
消費気合いも同じ1500なので使う場面は実戦ではあまりありません。

でーすがー、しかし。↓↓↓


↓殺陣側の実装
メテオさん行動3(殺陣側)

「宿命~雲上」を実装していますね。
衛星からのレーザー砲みたいなやつですがこいつがショボイダメージながらも準備なしで攻撃しつつ乗り手に詠唱4をつけることができるんです。

仕様変更で乗り手が沈黙状態でも共演のれますからメテオさんが沈黙状態ならば殺陣側が宿命~雲上でメテオさんの沈黙を解除というか詠唱つけて次の手で術が撃てるということです。
ただ、ゴボウは与ダメにあまり貢献しませんから実戦では無効にしています。
呪い系で乗れるので他の職業が横取りするハプニングがありそれもまた鬼熱シーンです。

殺陣なんだから(1)回復共演で解呪できんじゃん (2)共通の黒衣で白つけれるじゃん
なのですが回復のことを気にしないでよい場合は宿命~雲上でダメージ与えつつも沈黙を解除できるからいいんです。(天槍に乗ってもらうだけでは解呪はできない)。

加えて詠唱があることが行動条件のマーキングにもなるので自身に詠唱があるならなんかする、っていう設定をすることが可能になります。たとえば自分に詠唱がある場合、凝神聚気をするとか、★するとか呪縛するとか煉獄するなどの応用も可能になります。
詠唱消したいときは黒衣をかけてもダメで、kpされるか凝神聚気されるか荒魂もらうかなんか白メッキもうらかなんでしょうけど殺陣の詠唱はすぐ消えるので逆手にとってあまり気にしていません。
というか★ついてからのターン後にネーム読みすれば裏回復共演ができるので手数減らしでも使います。


メテオ家臣(行動チャト)2
あとは↑のような自動発動系をぶち込んでいます。

こんな感じでメテオ家臣はボス戦でも耐性低下つけマシーンになれるんですね。
しかも耐性低下の相乗効果で最後のほうが鬼道で3500こえたり4000超えることもあります。
修羅もないし属性付与もできないので属性術の威力は望めませんがメテオを使えつつもシンプルな役割を与えられるので気に入っています。
また、開幕にメテオより追い込みメテオでもいいですね九州ボスくらいなら。

メテオ家臣お持ちの方もこんな感じではないでしょうか。

ついでにいうと、忍家臣に手が空いたら波紋乱射をしてもらうとさらに旨みが上がるかと思います。
たまに気づいたら結界割れてるのもいいですね。その前に破りますが^^:

あと後光あると楽ちんでした。

しばらくこの構成で区域12までいってみます。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

著作権に関する表示

このブログではゲーム画像の掲載および転載にあたり以下の付帯条件に合意し遵守します。 (1) 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 (2) このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

ご訪問

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。